記事一覧

たけやだよりVOL.33  その4

<真っ赤な太陽>
 たけやの営業時間が変わり、夜の部は午後六時開店とさせて頂いております。
それは、お弁当配達があり、どうしても夕方のお届けがありますので、
五時には間に合わないからなんです。でも、この六時開店の思いがけない楽しみのひとつは、
夕陽に出会えることでした。
私は何故か沈む夕陽に心惹かれます。
大村湾沿いを走る電車の中から見た、真っ赤な大きな夕陽。
「こんな夕陽を毎回見逃すなんて何という人生の不幸だろう。
夜の仕事は損だなぁ。」と心から思ったことをしっかり覚えています。
感動で泣きたくなって、どこまでもどこまでも追いかけて行きたくなって、
最後沈みきって空がバラ色に染まってしまうまで見届けたくなるのです。
それが、先日お弁当の配達の帰りに坂の上から夕陽が見えた時の驚きと歓び!
車を止めてしばし見入ってしまいましたね~。
太陽はいろんな顔を持っていますね。朝日は、新しい一日の始まりで、
何か素敵な出会いの予感で心が元気になります。
昨日までのことは「それはそれ」と流して、新しく始まる一日は希望そのものです。
寒い時の陽の光の温かさ。
お日さまと言う呼び名にぴったりの温かさですよね。
それでも沈みゆく夕陽に惹かれて止まないのは、
あるいは終わるいのちを懐かしんでいるんでしょうかねぇ。



  
B!
  

たけやだよりVOL.33  その3

<BGM>
 町の中に店があった頃はビートルズや懐かしい曲が流れていました。
一番最初には「焼き鳥」専門店でしたので、お客様から
「演歌でなくこんな音楽は珍しいね」とよく言われていたようです。
店主の好きな曲を選んでいたんですからねぇ。
それから天神にオープンしてからの選曲は、もっぱら私の独断と偏見で通させて頂いておりまして、
一等最初は「ヨーヨー・マ」のチェロでした。
音が小さいこともあったでしょうが、ほとんど気に留めるお客様もなく、私たちが楽しんでいたものです。
その後はいろんな曲をかけていましたが、なんと、今年に入ってからは「ジャズ」です。
お客様のおひとりが、「たけやにはこれが合うと思いますよ」とお持ちくださったんです。
けれども、一度聴いてみて、「これはバーか、もっとおしゃれでシックな店だろう」と勝手に判断して、お蔵入りになっていました。
ところが、今年になってから雰囲気を変えてみようかなと思い、頂いたCDの曲を改めて聴いてみました。
何となく「いいかもしれないなぁ」と思って流していましたら、
今までになくお客様の反応が早く、好評でした。
それでも、大好きな辻井さんのショパンをBGMにしたらどうだろうと流してみましたところ、
真っ先にクレームをつけたのは、料理人でした。
「その速さでは落ち着いて仕事が出来ない」んだそうです。
その後、今もジャズは流れ続けているのですが、不思議なもので、聴き続けていると馴染んでくるんですね。
今ではすっかりファンになりました。



  
B!
  

たけやだよりVOL.33  その2

<ちじむ・・・!>
たけやだよりにもずい分着物に関することを書いてきましたが、
持っている着物がいつまでも「たんすの肥やし」で、
やがて私がこの世を去るときには残されたお荷物として扱われ、
着物のいのちが輝くこともなく終わるんだ・・・
と思うとやはり切なくて、毎日の仕事に着ています。
先日バタバタしていて着替えが間に合わず洋服で仕事をしていたのですが、「どうもおかしい!」
途中で着替えて、いつものユニフォーム姿になると、やっぱりしっくりくるんですね。
どうも「帯」らしい、と感じました。
お太鼓に結んでピシッと締まった帯は気合が入るものなのかもしれませんね。
息子が前掛けの長い紐を結ぶと一本筋が通って見えるのと似ているのかもしれません。
 着物を若い頃に常着としておられた世代の先輩から、着物と帯を頂きました。
「着てもらえるかしら」と一枚一枚の思い出を語りつつ差し出されたものの中には、
もう歳が邪魔して?私には着れそうにないものもあり、
そこはそれ、次世代の若い人が欲しがっているので、そちらへお渡しし、
今夜の着物は、その時に頂いたものの中の一枚です。
帯も昔風の柄で、店主など「シックで落ち着いた感じがして、俺は昔の柄が好みだな。」と言います。
一枚、また一枚と頂く着物には顔があり、あの方、この方のお名前がついています。
少し丈が短いかなぁと思い着てみると意外にも着られるんです。
「へえ~若い頃は背の高い人だったんかなぁ」と思って、一人納得していたのですが、ハタと思い当たりました。
私も背がちじんでいるんだ!
そういえば若い頃に作ってもらった着物の丈が長く感じたことがありました。
やっぱり背がちじんでいるんですね・・・。
確実に、着々と歳を重ねて、いよいよ熟女?の域に突入しようとしているんだなぁ!と自分に言い聞かせ、
「人生これからだから頑張るぞ!」と気合を入れ直した時でした。



  
B!
  

たけやだよりVOL.33  その1

<食事は大事>
近所にご主人を昨年亡くしたご婦人が住んでおられます。
「やっぱり寂しいよ。でも、家の中にばかりおって、テレビ見とっても悪いけん、外へ出よるんよ。」
とおっしゃる通り、車で出かけるときに、道でよくお見かけします。
八十歳を過ぎて、子供たちは遠くにおられると、それぞれに生活があるので当てにも出来ず・・・。
「やっぱり美味しいもん食べて病気にならんごとするのが一番やけね~。」
近くのスーパーにも良く出かけておられますが、このところ寒くなりましたからねぇ、
毎日のようにご来店くださいます。
「あんた、今日二度も来たわね。ここ閉まっとったじゃないね。」とおっしゃることも度々です。
「すみませんねぇ、お弁当配達やら買い物やらで留守してました。」とお詫びをすると
「配達なら仕方ないわね。ご苦労さん。」とのお返事。
逆に店に来られないと心配になります。
「あんたんとこが近くにあって助かるよ。私の口によく合うっちゃ。」
と言って「まだ風邪もひかんよ」と喜んで下さいます。
ふと、毎日たけやのお弁当を食べて下さっている、フミさんのお父さんを思い出しました。
フミさんいわく、「父は風邪ひかないんですよ。毎日食事をきちんと食べているからでしょうね。
私の風邪もうつらなかったんですよ。」と嬉しそうに話してくださいました。
そういえば、紺屋の白袴で、お惣菜はあるのに
お茶漬けだのオニギリだので、空腹を急いで満たしている私は、今年になって風邪をひき、
こじらせて長引かせ、辛い思いをしました。
これはきっと呼び掛けですよね!
食事は大切ですよ!みなさん。



  
B!
  

たけやだより

今年もあっという間にひと月が経ってしまいました。
2月になりますと佐世保でも雪が降り
寒さがこたえますが、豪雪に見舞われ被害の出ている地域の皆様のことを思うと胸が痛みます。

たけやだよりの春号の投稿をお願い致します。
2月の半ばくらいまでにお届けくださいませ。
楽しいお便りお待ち申しております。



  
B!
  

あけましておめでとうございます。

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

平素は格別のお引き立てにあずかり、厚く御礼申し上げます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

暮れのおせちが済み、掃除、片付けと追われ
あっという間に今年も早や2日。
しなくてはならないこと、やりたいことが山積み
していて、どこから手を付けたらよいのやら・・・

「ダンシャリ」ですよ!!って言う声が聞こえそうですね。
今年は挑戦してみようかしらと考えています。
それよりも「半日外へ行っていたら、綺麗に捨ててあげるよ」
つて言う友人に頼んだほうが早いんでしょうか???

今年の営業は5日よりとさせて頂きます。
皆様のお越しをお待ち申しております。



  
B!
  

おせち

今年も残すところひと月となりました。
まだまだ年末へ向けての心構えも出来ないまま
おせちに突入しようとしております。
お陰様で、ご予約もボツボツ戴いておりますが
残りも少なくなりましたので、たけやの「おせち」
をお考えの皆様にはお急ぎ願います。

昨年の箱をお持ち頂けますと、2000円お引きいたします。
お値段は
 二人前 14000円
 五人前 30000円
 よろしくお願い申し上げます。



  
B!
  

しぼりたて

皆様お待ちかねの「〆張鶴 しぼりたて」
 新潟県 本醸造生原酒 入荷しました。

20度前後の原酒でありながら爽やかな味わいが
喜ばれています。
是非とも お楽しみください。



  
B!
  

臨時休業のお知らせ

皆様のお手元に、そろそろたけやだよりが
届き始めたころかと思います。
たくさんの投稿、誠にありがとう存じました。

さて、11月23日(祭)は臨時休業とさせて頂きます。
もちろん、契約のお弁当は作らせて頂きます。

秋も深まり、野に山にと紅葉を満喫しながら
冬に備えて運動も怠りなく、元気にお過ごしくださいませ。



  
B!
  

新しいメニュー

お待たせいたしました。
昨年も一昨年も作らずに
お客様の熱き視線をものともせず
沈黙しておりましたが・・・

「はこふぐフオンデュ」出来上がりました。
大きさがそれぞれ違いますので
お値段はお一人様 1,000円見当になりますか。
もちろん季節限定ですので、旬をお楽しみくださいませ。

尚、ご来店の際には、お席のご確認をお願い致します。



  
B!