記事一覧

たけやだより vol.49 その4

《終わりに》
 日曜日の昼下がりに、近くのスーパーに行きました。
雨降りの日曜日ともなれば、行き場を無くした家族連れの多いこと。
駐車場は無料ですから、時間を気にすることもありませんね。
 そこでは子犬たちと触れ合うイベントもやってました。
小さな子供たちが柵を囲んで、盛んに触ろうとしています。
思わず「パグ」が居ないかと覗き込んでみましたが、どうも売れ筋ではないらしく
姿がありませんでした。
 でも我が家では「ラブリーパグゾー」と言ってよいほど皆が可愛がるので?可愛さが増して来るようです。
毎日散歩している飼い主とワンちゃん。
何組もの皆さんをお見かけする度に、
「よく世話をされるなぁ」と感心してしまいます。
中には
「このワンちゃんが居るから、このおじいさんは生かされているのかもしれない」と思われる方も少なくありませんよ。
 我が家は何人もいるのに、なかなか散歩にも連れて行かず、パグゾー君に癒してもらうだけです。
「疲れた疲れた」を連発しているかと思うと、パグゾーの傍に寝そべっていたり。
孫たちも時々そうやって、パグゾーのお世話になっているようです。
 どうしてこんなに癒しが出来るんでしょうね。
私は思うんですよ。
神様の言うとおりに生きてるからじゃないかなって。
だって、まるで天使ですもん。
 由美子さんのうちの猫チャン達も、リズやダイアンの家のワンチャン達もどの子も可愛いです。 
なのに、可愛がられない猫や犬たちも沢山居ます。
同じ命なのにと思いながら、
何も出来ません。
 五月のある日、家の屋根で猫が鳴いていました。生まれて間もないようです。
数日泣いて、うるさかったんですが、親が連れに来るだろうと、放っておくと、
どうしたことか、今度は、厨房の上辺りで声がするのです。
姿も見えず、困っているところに、友人が厨房を覗いて、「そこに居る」と冷蔵庫の下を指差すではありませんか。
信じられませんでした。どこにも通り道は無いはずなのに! 助かったのは奇蹟です。
猫を世話するために友人は、ミルクや必需品を買い求めに出かけていきました。
たまたま居合わせた姉と、その手際のよさに見とれていました。最終的にこの子は
姉のうちに貰われていきました。
 赤ん坊の猫は初めての姉夫婦に、猫族の由美子さんが色々教えてくれて、今もスクスク育っています。
五月生まれだからと、メイちゃんという名前を貰って、
兄貴分のミイ君と仲良く暮らしているようです。
ひとつのいのちの物語でした。



  
B!