SourSトップへ 戻る
キーワード検索



創業文政7年(1824)、11代将軍家斉の時代、時の藩主大村純昌公より「梅ケ枝」の名を賜る。穏和な気候と、地下300mからの豊富な“名水”に恵まれ、以来170有余年。この間、全国清酒品評会や各種鑑評会で優等賞、特撰金牌等、数々の賞を受賞。

 文政の昔より続いた酒づくり。厳しく、奥深く・・・。
酒は生命と同じです。手をかけてやればやるだけ、いいお酒が生まれます。名水を使い、米づくりから酒づくりまで、こだわりの手造りを続けております。
この長崎の名酒を是非ご賞味下さい。

小値賀杜氏 米田 好幸
6代目蔵主 長野 公道


“山田錦”
地元の若手酒店さん達と一緒に米づくりから取り組んでいます。
“日岩岳山麓の湧き水”
日岩岳山麓の地下三百メートルからの豊富な“名水”。


 毎年、11月下旬に、五島北部の島、「小値賀(おぢか)」から、杜氏・蔵男がやって来ます。
そして仕込みが終わりまた「小値賀」に帰るのは、田植え前の3月前です。その間、正月も帰ることなく、働き通しです。

 話下手だからと、なかなか照れて話をしてくれませんが、仕事のあい間の休み時間になると、蔵男達との話が盛り上がる。

夏場は、農業をやる事。牛も飼っていて、品評会でもいい成績だった事。最近は、海へ漁に出ても水上げが減ってウニやアワビも少なくなっている事。そして、自分が他の蔵で教えられた事。「小値賀」に帰ってしばらくは子供や孫がなじんでくれないって事。
他の杜氏仲間の最近の動向。自分が引退した後の酒造りの事。話が家族の事になると、口元がほころび、仕事の事になると真剣な目になる。

 今一番つらい仕事は?と聞くと、「大吟醸やな!!」と一言。
特に「こうじ」を造る時は、一週間ほとんど眠っていない。
「こうじ」が終わっても、味はどうか、香りはどうかと、落ち着く事はない。
ただ、もう歳だから、あと何回大吟醸を仕込めるか、わからない。もう今回が最後かもしれない。と思うと、真剣にならざるをえない。

 もう70歳。見た感じでは、とても70歳には見えないが、今日も蔵を走り回る姿が見える。




梅ケ枝酒造の酒に対する愛情とこだわりが生んだお酒です。
清冽な水と山田錦100%を使い、味と香りのバランスのとれた繊細で上品な風味のお酒です。
720ミリリットル
・原料米/山田錦
・精米歩合/40%
・日本酒度/+5
・酸度/1.3


鑑評会出品用。斗瓶取り。年間100本だけの超限定品。(要予約)
杜氏の酒に対する愛情とこだわりが味わえます。
協会十五号花酵母を使い、長期低温醗酵させたお酒。
スッキリした香りと、甘さを抑えた軽快な味が特徴。
四段仕込みで旨みを造り、上品で後口がさっぱりしたキレのいい、飲みあきしないお酒。
梅ケ枝酒造、創業百七十余年、伝統の高級酒。
米麹と大麦のもろみを蒸留しました。クセのないスッキリした味が特徴の本格焼酎です。
ロック・ストレートまたは六対四のお湯割りでどうぞ。
1.8リットル
・酒別/純米大吟醸
・原料米/山田錦
・精米歩合/35%
・日本酒度/+4
・酸度/1.2

・酵母名/9号系熊本酵母
1.8リットル
・酒別/特別本醸酒
・原料米/低農薬米レイホウ
・精米歩合/60%
・日本酒度/+3
・酸度/1.3

・アミノ酸度/1.2

・酵母名/協会15号花酵母
1.8リットル
・原料米/レイホウ
・精米歩合/65%
・日本酒度/-1
・酸度/1.1
・アミノ酸度/1.0
・酵母名/協会7号
1.8リットル
・25度



 あなただけのお名前や贈り先のお名前など、ご希望のラベルを手書きでつくります。結婚式や誕生祝など各種記念にどうぞ。

◆オリジナルラベル取り扱い例
結婚祝・誕生祝・新築祝・開店祝・先客万来・祈必勝・祝当選・合格・昇進・お年賀・祝成人・母の日・還暦祝・お中元・敬老の日・お歳暮・クリスマス


津島海流に育まれた良質のわかめの茎を自社酒粕に漬けた「茎わかめ漬」。長崎は全国でも有数の真珠の産地でもあります。「西海漬」はその貝柱を自社酒粕に漬けた低塩の粕漬です。